「ヒッチャー」「13日の金曜日」マイケル・ベイ

 非常に大衆的な作品を作ることで知られるマイケル・ベイはアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身の映画監督です。映画プロデュサーなどもやっている彼ですが、特に車の撮影に長けておりその技術はCMだけでなく、カーチェイスのシーンにおいても生かされており、様々な監督からその手法を絶賛されているそうです。

プロフィール

 パサデナのアートセンター・カレッジ・オブ・デザインと、ウェスリアン大学で学んです。卒業後、ミュージックビデオの演出と製作に携わるようになります。

 CMのディレクターとして金獅子賞をはじめとする数々の賞を入賞し、1995年『バッドボーイズ』で監督デビューしました。

 2006年にVFXスタジオのデジタル・ドメインを買収。オーナーに就任。

 2010年2月、『ヴァニティ・フェア』誌が「2009年に最も稼いだハリウッドの稼ぎ手」のランキングを発表し、1億2,500万ドル(日本円で約112億円5,000万円)を稼いで1位にランクインしました。この金額は映画のギャラだけでなく、商品のロイヤリティ収入なども含んでおり、『トランスフォーマー』関連の映画のほか、DVDのロイヤリティやおもちゃのライセンス料がかなりの額を占めるという。

 2010年12月、経済誌『フォーブス』が「エンターテインメント業界で最も稼いだ人物」のランキングを発表し、1億2,000ドル(日本円で約98億4,000万円)を稼いで4位にランクインしました。

 映画では、ジェリー・ブラッカイマーとタッグを組むことが多く、『アルマゲドン』、『パール・ハーバー』、『ザ・ロック』、『バッドボーイズ』など6作品の合計興行収入は2400億円(20億ドル)とメガヒットを連発している。

 2012年現在はプロデュース業にも力をいれており、『テキサス・チェーンソー』シリーズや『悪魔の棲む家』、『ヒッチャー』、『 13日の金曜日』などホラー映画の制作を務めている。

 興行的には成功している一方、娯楽性が高い作品が多く映画評論家からは評価されることが少ないです。

バッドボーイズ
 カーアクション、ガンアクション、すべてあります。もうひとつは、カメラ運びがなんかいまいちな気がするんです。いや、技術的なことは全然わからないんですよ。この作品の盛り上がりにかける原因の一つは必然性の欠如だと思います。これが不可避な設定で、しかも絶対にばれてはいけないという緊迫感の中であれば、ばれないようにする工夫の面白さがよりひきたつと思うんですよね。多くの方が指摘されているように、コメディ、アクション、すべての要素において中途半端感が強いからかもしれません。肩の凝らない娯楽作品が好きで、ビバリーヒルズコップなんかすごい楽しかったのに、これはなんか全然盛り上がりませんでした。ただ、一般人鑑賞者として、なんか、特にアクションシーンのカメラ運びがいまいちな気がしたのです。どれもつきぬけきれていないんですね。見るべきところがいっぱいありそうで、実際はほとんどない、中の下くらいのコメディアクションでした。
アクション自体は派手なんですけどねー。しかも普通に気付いちゃっているし。でもさっさとばらしちゃったほうが早いですよね、って、思うんですよ。なのに、なぜいまいち面白くないんでしょう。娯楽作品だって整合性のある物語のほうが面白いんです。マシンガントークの掛け合いが面白いです。例えば、二人が生活を入れ替える設定ひとつとっても、説得力がなさすぎるんですよ。テンポが良く、スピード感があります。
13日の金曜日
 
特に今となっては大味映画音楽の巨匠、スティーヴ・ジャブロンスキーの楽曲が実にヒッチコックの名作「サイコ」のタイトルテーマと酷似しているのには驚きましました。サイコは母親の亡霊に取りつかれた中年男ノーマン・ベイツがモーテルの宿泊客を次々と殺していくというストーリーでしたが、13日の金曜日は息子の亡霊に取りつかれた中年女が若い男女に逆襲していくというストーリーとなっており、明らかにサイコからの影響があると思います。息子を思う余り狂ってしまったという展開が何より不気味で恐ろしい。しかしかなり面白かったです。プラッターホラーの元祖中の元祖ということで一応鑑賞です。豪く露骨にパクッてるなーと思っていると、後半になってストーリーがサイコになるという展開です。
「ミザリー」を観たときにも思ったのですが、ホラー映画で一番恐ろしいのはモンスターじゃなくて狂った人間なんだと。だから音楽もサイコにオマージュを捧げていたのかな?後々に不死身のモンスターとしてシリーズで暴れまわるジェイソンですが、実のところ1作目のジェイソンの母親が一番恐ろしい気がいたします。
ミュータント・タートルズ
 きっと今回は序章のはずなので、ぜひ続きも観たい! ただシュレッダーだけはなんかメカがごつくて何なのかがわからないです内容は序盤のなかなか姿を見せない感じに焦らされたが、出てきてからはアクション盛りだくさんで一気に引き込まれた。しかも日本語でストーリーすシーンもいらないような……。所々にコミカルなシーンを差し込んでくるあたりが断トツにいい。しかもCGのクオリティも半端じゃないです。一切の違和感も感じなかったです。子供の時に観たタートルズが実写で復活したことに驚いた。

作品

映画

  • バッドボーイズ Bad Boys (1995) 監督
  • ザ・ロック The Rock (1996) 監督
  • アルマゲドン Armageddon (1998) 監督・製作
  • パール・ハーバー Pearl Harbor (2001) 監督・製作
  • バッドボーイズ2バッド Bad Boys II (2003) 監督
  • テキサス・チェーンソー The Texas Chainsaw Massacre (2003) 製作
  • アイランド The Island (2005) 監督・製作
  • 悪魔の棲む家 The Amityville Horror (2005) 製作
  • テキサス・チェーンソー ビギニング The Texas Chainsaw Massacre: The Beginning (2006) 製作
  • トランスフォーマー Transformers (2007) 監督・製作総指揮
  • ヒッチャー The Hitcher (2007) 製作
  • ホースメン Horsemen (2008) 製作
  • トランスフォーマー/リベンジ Transformers: Revenge of the Fallen (2009) 監督・製作総指揮
  • 13日の金曜日 Friday the 13th (2009) 製作
  • アンボーン The Unborn (2009) 製作
  • エルム街の悪夢 A Nightmare on Elm Street (2010) 製作
  • アイ・アム・ナンバー4 I Am Number Four (2011) 製作
  • トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン Transformers: Dark of the Moon (2011) 監督・製作総指揮
  • ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 Pain and Gain (2013) 監督
  • ザ・パージ The Purge (2013) 製作
  • ミュータント・タートルズ Teenage Mutant Ninja Turtles (2014) 製作
  • トランスフォーマー/ロストエイジ Transformers: Age of Extinction (2014) 監督

コマーシャル

  • アサヒビール『スーパードライ』 (2012) 福山雅治主演
  • その他にもミュージックビデオを非常に多く手がけております!