「トップガン」「デジャヴ」トニー・スコット

 イギリス出身の映画監督、映画プロデューサーであるトニー・スコットですが、CMなどでの活躍によってトップガンの監督に抜擢されたことにより知名度を伸ばした人物でもあります。特にその手法は現在でも一定の評価を集めているらしいです。

略歴

 三人兄弟の末っ子として生まれる。兄の1人は、映画監督のリドリー・スコット。細かいカットの切り返しや大仰ともいえる映像装飾が特徴。

ロンドン王立美術大学で学び、画家として生計を立てていましたが、1970年代に兄のリドリーのCM制作会社に入り、CMディレクターとして数多くのコマーシャルを手がけましました。

1983年の『ハンガー』(The Hunger)で長編映画監督デビュー。兄の後を追って、活動の拠点をアメリカに移します。1986年の『トップガン』《主演:トム・クルーズ》の大ヒットにより、メジャー映画監督の一人になりましました。

2012年8月19日、カリフォルニア州サンペドロのヴィンセント・トーマス橋《英語版》から飛び降りて死亡。68歳没。遺書が見つかっており、自殺とみられています。 体内から少量の抗うつ剤と睡眠薬を検出しましたが、特別な病気は患っていませんでしましました。

トップガン
空中戦シーンは迫力満点なのですが、一旦飛び立てば死と隣り合わせの戦闘機パイロットのおストーリーにしては軽い。ついでにケリー・マクギリスも懐かしい。80’s・ハリウッド・トレンディ映画。しかしこの頃、一気にスターへの階段を駆け上がった、まだ若いトムがキラキラしていて、爽やかでカッコいい作品。サントラが素晴らしく懐かしい。この頃はフットルースに本作に、サントラの申し子のようだったケニー・ロギンスの“danger zone”に、これも大ヒットしたベルリンの“take my breath away”も懐かしいです。今でも十分にカッコいいトム・クルーズ。こういうテーマの映画では、男臭い映画の方に分があるとは思いますが、全編にわたり爽やかトムの魅力が出まくっている映画だから、まあ仕方ないですね。
ドミノ
大学進学後も荒れた生活が続く。そうした役者たちがかもしだすダークな雰囲気に、犯罪映画らしい荒っぽい画面が相まって、スタイリッシュと呼んでもいいような独自の映像が出来上がった。まあ、かわいいけれども強くは見えないです。その子供っぽさのおかげで、下品なメイクをしてもいやらしく見えることは無いが。主演は「パイレーツ・オブ・カリビアン」のキーラ・ナイトレイ。何しろ、完全に物語の本筋に絡んでいるのだから。とくに、『ビバリーヒルズ青春白書』シリーズのメインキャスト二人(ブライアン・オースティン・グリーンとアイアン・ジーリング)が、まさにその本人役でかなりの長時間出演し、たくさんのセリフをしゃべっているのには驚かされた。名優ローレンス・ハーヴェイの娘としてロンドンに生まれ、何不自由ない恵まれた生活を享受するドミノ。そんなある日、新聞で“バウンティ・ハンター募集”の文字を目にした彼女は、自分が求めていた何かがそこにあると確信するのでした。しかし、父はドミノが幼いときに亡くなり、母は再婚相手探しに夢中。
 
上流階級の生活に、空虚さばかりを感じてしまうドミノでした。なお、奇しくも本作の完成と相前後して、35歳になるドミノ本人が自宅の浴槽で不慮の死を遂げるという訃報が伝えられ、関係者や映画ファンを驚かせた。ハリウッド・スターを父に持ち、自身もモデルとして活躍しながらも、いつしかバウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)への道を歩み始めた実在の女性ドミノ・ハーヴェイの型破りな人生を映画化。しかし彼女の心が満たされることはなかったです。このほかにも、ドミノを取り調べる捜査官役(この映画は、取り調べられたドミノの回想が本編となっている)をルーシー・リュー、そして脇にもクリストファー・ウォーケンやジャクリーン・ビセットといった、なんともクセのあるキャスティングがなされているのが特徴といえる。一人だけ浮き気味なのも、まだ若く経験不足ということでやむをえないか。監督は「マイ・ボディガード」のトニー・スコット。やがて15歳となり美しく成長したドミノはトップ・モデルとして活躍する。ただし、主演のキーラ・ナイトレイは明らかにひとり子供っぽく、ドミノの強烈なイメージを再現できているとは言いがたい。

監督作品

映画

  • ハンガー The Hunger 《1983年》
  • トップガン Top Gun 《1986)
  • ビバリーヒルズ・コップ2 Beverly Hills Cop II 《1987年》
  • リベンジ Revenge 《1990年》
  • デイズ・オブ・サンダー Days of Thunder 《1990年》
  • ラスト・ボーイスカウト The Last Boy Scout 《1991年》
  • トゥルー・ロマンス True Romance 《1993年》
  • クリムゾン・タイド Crimson Tide 《1995年》
  • ザ・ファン The Fan 《1996年》
  • エネミー・オブ・アメリカ Enemy of the State 《1998年》
  • スパイ・ゲーム Spy Game 《2001年》
  • マイ・ボディガード Man on Fire 《2004年》
  • ドミノ Domino 《2005年》
  • デジャヴ Déjà Vu 《2006年》
  • サブウェイ123 激突 The Taking of Pelham 1 2 3 《2009年》
  • アンストッパブル Unstoppable 《2010年》

ミュージックビデオ

  • デンジャー・ゾーン "Danger Zone" - ケニー・ロギンス《1986年》
  • ワン・モア・トライ "One More Try" - ジョージ・マイケル《1988年》

コマーシャル

  • DIM Underwear《1979年》
  • バークレー銀行《2000年》
  • テレコム・イタリア (2000年) マーロン・ブランドとウディ・アレンが出演。
  • アメリカ陸軍《2002年》
  • マールボロ《2003年》